■お気に入りブログ等の最新情報■

2006年06月18日

フライパンの話

259 :ぱくぱく名無しさん :2006/06/12(月) 21:35:25
一人暮らしを始めるにあたって、意気込んでフライパンを買った
ブランドとかわからんが、とにかく28cmのやつを1本

それまで、料理なんて全くしなかったんだが
一人暮らしだから自分で作るしかない
そう思って、買った

空焼きしたり、油を馴染ませたり、手入れを怠って真っ赤に錆びさせたり
それを金たわしでゴシゴシやって、また空焼きして油を馴染ませたり
とりあえず、目玉焼きは、上手になった

彼女ができた
すんげーかわいいし素直
だけど、料理はぜんぜんダメだったw

たまの休みの日には俺が、ちょっとだけ贅沢してステーキを焼いた
彼女はミディアム、俺はレアが好きだった
このフライパンは、お前と出会う前から俺と一緒に暮らしていると
言ったら彼女はふくれっ面になって、それから笑った


俺と彼女は幸せな時間を過ごした

料理が下手な彼女は、目玉焼きを何度も焦がした
俺は笑いながら、焦げた目玉焼きを美味しく頂いた
大事なフライパンなのに、ごめんなさいと、彼女は詫びた
大丈夫だよと金タワシでこすって空焼きしたら、彼女は
フライパンの深く碧い色を「きれいね」と言った

彼女は、突然、いなくなった
事故だった

俺は今も、時々、フライパンを金タワシでこすって空焼きする
深く碧い色が蘇る
彼女の「きれいね」という言葉が蘇る

28cmのフライパンは、俺と一緒にいる
焦げた目玉焼きはもう食べられないが
フライパンのおかげで、彼女の「きれいね」は
今でも、いつでも聞けるんだ




スポンサーリンク

【感動の最新記事】
2006年06月18日20:00 | コメント(6) | トラックバック(0) | 感動 はてなブックマーク - フライパンの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

  1. 774 2006年06月18日 20:07
    あれ・・・??

    画面が曇ってよく見えないな・・・。

  2. 2006年06月18日 20:39
    う〜ん…びみょう…

  3. 2006年06月18日 22:18
    まさかそのフライパンで

  4. 2006年06月18日 23:20
    彼女をk……うわ何をするやめqwせdrftgyふじこlp;

  5. q 2006年06月19日 08:30
    確かに微妙・・つまらん

  6.   2006年06月19日 14:38
    嫉妬したフライパンの怨念

コメントを書く
名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
@をかしのおと のページアクセスランキング(過去1か月)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。